清掃

本体の清掃を定期的に行うことをお勧めします。
何のために清掃を行うのでしょうか。
複合機を長い年月の間、安全に使っていただくために清掃は必要なことです。
複合機はコピー、プリント、スキャン、ファックスの機能を1台でこなすことができる精密機械です。
そのため、小さな隙間にちりやほこりなどの物が入り込むと、動作に支障をきたすことがあり得ます。

ガラス面と原稿送りをきれいに

原稿を挟むガラス面が横れていると、印刷したときに黒い影が出たり、全体的に汚れた印象になってしまうこともあります。
原稿を本体に吸い込む部分も同様に、汚れていたり、異物が挟まったりしていると、印刷にムラが出たり、美しく映らなかったりしてしまいます。
そのため、印刷がうまくいかなかったときは、本体の性能を疑うよりも先に清掃がきちんとされているかを確認してください。
印刷がうまくいかないことだけではなく、複合機に汚れが溜まっていると、故障や漏電の原因になってしまうこともあります。

用紙トレイをきれいに

用紙トレイは、ほかの部分よりも比較的頻繁に人の手が入って開け閉めするので、それほどの頻度で清掃することは必要ないと思われます。
しかし、毎回用紙を補充するときに、何千枚の塊で入れているのですから、紙同士が擦れることによって微細なかすが発生することも考えられます。
そのため、原稿を読み取る機械ほどではなくとも、定期的に清掃することを心がけたいところです。
清掃するときには、ほかの部分と同じく薄めた中性洗剤かアルコールを使ってください。
この時、ふき取った用紙トレイが完全に乾いたことを確認して、印刷するようにしましょう。
用紙トレイが完全に乾かないまま使用すると、トレイの中に湿気が溜まることになり、印刷したときにインクが薄く出ることがあるので注意しましょう。

本体の清掃は、複合機を長く安全に使うために必要なことですが、濡れたままになっていたり、電源を抜いたままにしておくと、通常の業務に支障をきたしてしまいます。
使わないときを見計らって、業務終了後や仕事の休憩時間に清掃をするようにしましょう。

清掃