コピー機

コピー機とは?

コピー機とは、一般的に複数の機能を持った機器のことを指します。
オフィスで使うコピー機はコピー、プリンター、ファックス、スキャンの4つの機能を持っています。

コピー機能

コピーとは、紙の原稿を何枚にも印刷できる機能です。
ここで、紙をコピーするのではなく、パソコンから出力したものを紙として取り出すことはプリンターなので、間違えないようにしましょう。
コピーとプリントの大きな違いは、紙にしたい原本が紙か、電子で形のないものかといったことです。

プリンター機能

コピーとは違い、パソコンから出力したものを紙にすることができます。

ファックス機能

一般家庭や会社にあるファックスというのは、電話回線を経由して送信元の内容を送信先に送るものです。
実は、このファックスという機能は海外では、すでに使われなくなった機能として、ビジネスでも家庭でも電子メールの普及に替わられています。
しかし、日本では、手書きの文章を相手に届けることができる点が評価されています。
いまだビジネスの世界では欠かせない機器になっています。

スキャン機能

スキャンとは、実在しているものをデータ化することです。
例えば、紙の書籍を電子書籍にしようとするとき、まずは、書籍に何が書いてあるのかをそのままデータ化することが必要です。
この時に、スキャンを使います。
それから、データ化されたものをもとに電子書籍として加工するのです。
電子書籍だけではなく、今まで紙の資料を参考にするしかなかった歴史的資料なども、データ化してパソコン画面で見られるようにしたことによって、歴史的資料を劣化させることなく保存ができるようになりました。

このような4つの機能を一つの機械で行うことを可能にしたのが、コピー機です。

複合機